TOPへ

お知らせ

2019.10.01

インフルエンザ予防接種(2019年度)の予約を開始しました。

インフルエンザ予防接種の受付を開始しました。電話または受付(来院)で予約できます。
接種は10月21日(月)からとなります。
インフルエンザは、毎年12月中旬ごろから3月上旬ごろに流行します。予防接種は現状、インフルエンザを予防するのに最も有効な手段です。いつ流行するかは予測がつきませんので早めの接種をお勧めします。

注意事項:
・13歳以上の方のみ対象とします。
・小児の患者様はかかりつけ小児科での接種をお勧めします。
・18歳未満の方は保護者による問診票記入が必要となります。
・原則として、65歳以上で持病がある方はかかりつけ病院での接種をお勧めします。
かかりつけ病院が無い方はご相談ください。

 

ご不明な点などございましたら、クリニックに事前にご相談ください。

予防接種

2019.10.01

成人の麻疹(はしか)抗体検査と予防接種について

文京区による0歳児麻疹(はしか)対策のための助成制度が開始されました。
当院でも下記に該当する方の抗体検査、予防接種を受付けています。
お子様の予防接種はかかりつけの小児科での接種をお勧めします。当院では実施しておりませんのでご了承ください。

対象者:
抗体検査の当日において、文京区に住民登録がある20歳以上の方で、0歳児と同居の方。
ただし、麻疹(はしか)にかかったことがある方、MR(麻疹風しん混合)又は麻疹ワクチン接種を2回以上受けたことがある方を除く。

抗体検査 の方法 :
本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなどの原本)、および0歳児と同居が確認できる書類(母子健康手帳、健康保険証など)をお持ちください。

注意事項:
麻疹ワクチン(MRワクチン)は生ワクチンです。生ワクチンは接種後27日以上、他のワクチンの接種ができません。インフルエンザ、肺炎球菌などのワクチンの接種予定日にお気をつけください。

参考:
文京区HP「成人の麻しん抗体検査・ワクチン接種(任意)の費用助成(0歳児麻しん対策)」 https://www.city.bunkyo.lg.jp/hoken/kenko/yobousessyu/seijin-fushin/seijin-mashintaisaku.html

予防接種

2019.10.01

帯状疱疹ワクチンについて

文京区による帯状疱疹予防接種費用の助成制度が開始されました。
当院では予約制になっております。
文京区在住の方には、65歳以上、1回のみ区から一部助成があります。文京区予防対策課、保健サービスセンター本郷支店にご連絡のうえ、予診票を取り寄せてから予約をしてください

なお、このワクチンは生ワクチンですので、以下の飲み薬や注射で治療中の方は接種できません。
 ・副腎皮質ステロイド(リンデロンやプレドニゾロンなど)
 ・免疫抑制剤(シクロスポリンなど)
 ・抗リウマチ剤
 ・抗悪性腫瘍薬

注意事項:
帯状疱疹ワクチンは生ワクチンです。生ワクチンは接種後27日以上、他のワクチンの接種ができません。インフルエンザ、肺炎球菌などのワクチンの接種予定日にお気をつけください。

参考:
文京区HP(任意予防接種)帯状疱疹予防接種費用助成について(令和元年度)
https://www.city.bunkyo.lg.jp/hoken/kenko/yobousessyu/taijyo-houshin.html 

予防接種

2019.06.02

風しんの抗体検査と予防接種について

国、区による抗体価検査と定期予防接種及び助成制度が開始されました。
当院でも下記に該当する方の検査、予防接種を受け付けています。
お子様の予防接種はかかりつけの小児科での接種をおすすめします。当院では実施しておりませんのでご了承ください。

①昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の男性(男性定期接種)
各区よりクーポンが郵送されます。必ずクーポンを持参のうえ、受診してください。

☆参考:厚労省の特集ページはこちら

 

②上記以外の30歳以上、60歳未満の男性(男性任意接種 区助成あり)
本人確認が必要です。運転免許証・健康保険証・パスポート等住所を確認できる書類をお持ちください。

 

③20歳以上の妊娠を希望、または予定している女性
本人確認が必要です。運転免許証・健康保険証・パスポート等住所を確認できる書類をお持ちください。

 

④20歳以上の妊娠を希望している女性や妊婦と同居している女性、または男性で①②の条件を満たさない方
本人と同居している女性両方の、運転免許証・健康保険証・パスポートが必要です。

☆参考:文京区の特集ページはこちら

お知らせ

2019.04.07

往診についてご相談ください

往診イメージ

往診による皮膚科診療を4月より始めます。
クリニックへの通院が困難な患者様や自宅で療養を行っている患者様へ、皮膚疾患に対し、ご自宅や老人保健施設、グループホームなどへの往診を始めます。詳しくはこちら>

往診時間は基本的に火曜日の午前中です。
往診が可能かどうか判断するため、訪問診療の主治医や訪問看護師、ケアマネージャー様などご担当者様からのご依頼を優先しています。

また訪問診療等を受けておらず、各種事情により通院困難な方もまずはご相談ください。

お知らせ| 往診について